忍者ブログ
転職に役立つ書籍を集めたブログです。
[68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [77] [76]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「選職社会」転機を活かせ―自己分析手法と転機成功事例33
ナンシー・K. シュロスバーグ
日本マンパワー出版 刊
発売日 2000-04




著者の暖かい心、前向きな気持ち、実践的理論に触れられる。 2004-11-01
日本での書名は『「選職社会」転機を活かせ』であるが、
原題( Overhelmed : Coping with Life's Ups and Downs )を素直に訳すと
『途方に暮れて:人生の上り坂と下り坂に対処する』
とでもなろうか。
著者の言う通り、本書はキャリアに関する学術・研究書ではなく、実践書である。
読む進めると、翻訳小説の良書を読んでいるような気がしてくるから不思議だ。
まさに『途方に暮れて』というタイトルが似つかわしい感じがする。
例えば、著者自身の事例をあげている。著者がマンションに引っ越して近隣周辺とうまくいかない。
「ある日そのことを涙ながらに訴えると、
 夫のスティーブは「転機は君の専門じゃないか。理念や公式を当てはめてみたらどうだい」と言った。
 (あれは一般論なのよ。私の場合は特別なの!)と瞬間思ったが、
 (そうだ。理論を裏づけるなら、まず自分に当てはめて納得できなきゃダメだ)
 と気がついたのである。」
著者は、キャリアの転機に関する多くの段階理論に違和感を感じて、
転機について体系的に対処する方法について考え、
リソースとして4つのS
( Situation :状況、
  Self :自分自身、
  Support :周囲の支え、
  Strategies:戦略 )
を挙げている。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析